2021年末発送荷物遅配情報

昨年末にサジタリアスご利用いただいたお客様のお荷物の多大な遅配が生じています事を深くお詫びし、ここに現状を報告させていただきます。

2021年11月中旬より世界中で広がり始めたオミクロン株の影響で少しスムーズに流れ始めていた流通にかなりの遅れが出ています。2022年1月現在少しは動き始めた模様ですが、まだ多くの荷物が空港の留め置かれています。

ニュージーランドでは8月中旬に出された不急不要の外出制限ロックダウンが10月に少し緩和され、オンラインショッピングが許された反動で許容範囲を超える多量の荷物で国内輸送に混乱が生じました。国内の集配は遅れがちでしたが、海外への航空便は減便ながら動いており弊社で毎日チェックしている日本への発送荷物の輸送状況では概ね約1〜2週間以内に届いていました。

11月になり一般店舗の開店により国内輸送が落ち着き国内の集配が通常に戻り安心していましたが、中旬からクリスマスシーズンの繁忙期で集配に遅れが出始めた所に世界各地でオミクロン株が発生、日本を含む数カ国が海外からの飛行機の受け入れを拒否した事から輸送便も兼ねる多くの航空便にキャンセルが多発しました。

弊社からの商品発送に利用しているニュージーランド郵便も例年の2倍以上を超える荷物の処理が間に合わない状態に輸送便のキャンセルが多発し、集まった荷物を出荷できない状態が続き、多くの荷物が留め置かれている模様です。

当社から昨年11月25日より12月10日に発送をご案内差し上げた追跡番号LP038で始まる小荷物が現在オークランド空港で留置されていると考えられます。
追跡チェックで遅れが確認できている発送荷物に関してはニュージーランドポストへは再三、荷物の早期出荷とシステムの改善を申し入れていますが、繁忙期と新型コロナの影響によるものという理由で迅速な対応がされていない事を深くお詫びいたします。

これほどの遅配や対応の遅さは過去26年の営業経験でも初めての事で経済活動においての新型コロナの影響の大きさを実感しています。

遅配荷物に関しては、こちらのブログで詳細を報告させていただきたいと存じます。
多くのお客様に多大なご迷惑をおかけしております事を改めてお詫び申し上げます。

あなたが初めのいいね!を押してみませんか?

,

ニュージーランド・ロックダウン最新情報DAY49

オークランドはレベル3のロックダウン延長となりました。

サジタリアスは通常通り営業しており、ご注文商品の発送は商品が揃い次第に行っています。しかしながらロックダウンに伴う流通増加で、集配の遅延は継続しています。ご利用のお客様には多大なご不便とご迷惑をおかけします事を深くお詫びいたします。

10月5日までの見直し期間限定のレベル3でしたが、最多となる45人/日の新規感染を記録したりとレベル2軽減への期待は薄らいでいました。先週末になってオークランドから車で8時間ほど離れたパーマストン・ノースのトラックドライバーやオークランド近隣ワイカト地方で陽性者数人が報告され、オークランド市内の病院でも新生児2人が両親から感染。デルタ株の封じ込めはかなり難しくなり共存体制に切り替え、政府が掲げるワクチン接種率90%達成できたらレベル2に移行するとのこと。

陽性者が一番多いオークランドは引き続きレベル3のロックダウン継続となりましたが、3段階で軽減していくそうです。

明日からは第1段階としてオークランド区域内の移動、2家族合同でのピクニック、非接触の屋外スポーツ、釣り、結婚式やお葬式も全て10名限定で許可されます。この状態で新規感染者が増えずワクチン接種率が高くなれば、第2、第3と軽減されるとのこと。

識者の予測では第3段階に入るのは6〜8週間かかるとのことです。ワクチン接種率はもう直ぐ80%、まだまだ気を抜けません。

 

あなたが初めのいいね!を押してみませんか?

,

ニュージーランド・ロックダウン最新情報DAY43

オークランドは10月5日(火)からまでレベル3のロックダウンとなります。

サジタリアスは通常通り営業しており、ご注文商品の発送は商品が揃い次第に行っています。しかしながらロックダウンに伴う流通増加で、集配の遅延は継続しています。ご利用のお客様には多大なご不便とご迷惑をおかけします事を深くお詫びいたします。

10月5日までは2週間の見直し期間限定でレベル3へ軽減されたオークランド、他の地域は人数制限があるものの飲食も可能なレベル2となっています。新規感染者が唯一出ているレベル3のオークランドは都市封鎖となり仕事場からの特別な許可証がない限りは市外に出ていけません。家を売って市外へ移住予定していた人や転校予定の学生たちは引越しできずホームレス状態、彼らの嘆願に応じ政府は今夜から特別処置として引越しや転校に基づく移動を許可するとのことです。

2週間限定の見直し期間の新規感染者数は20人台から少しずつ減少、先週末からは10人台から8名まで減り、これで6日水曜日からは問題なくレベル2に緩和されるのと期待が高まっていましたが、昨日の新規感染者数は大きくリバウンドして45名!

ギャングメンバーとホームレスの間で感染が広がっているとのこと、この人たちにワクチン接種をどのようにして促すかが次の問題です。

早くレベル2になって髪をカットしたいとひたすら願う日々です。

 

あなたが初めのいいね!を押してみませんか?

,

ニュージーランド・ロックダウン最新情報DAY36

オークランドは本日22日(水)から2週間限定のロックダウン・レベル3となりました。

サジタリアスは通常通り営業しており、ご注文商品の発送は商品が揃い次第に行っています。しかしながらレベル緩和の事業再開に伴う流通増加で、引き続き集配に数日以上の遅延発生するとの連絡が入っています。ご利用のお客様には多大なご不便とご迷惑をおかけします事を深くお詫びいたします。

22日午前0時からレベル3へ軽減されたオークランド。テイクアウトの食べ物なら販売できるようになりました。0時から開店したマクドナルドのドライブスルーには21日の夕方からテントを張って待機した強者や80台の車がオープンを待っていたそうです。営業停止をしていた飲食店も一気に持ち帰りメニューを作って宣伝し始めました。Uber eatsも再稼働、空いていた道も混雑し始める予感です。

経済活動が活発化し、人々の顔に笑顔が戻るのは嬉しいですが、ウィルスには戻ってきてほしく無いです。

ワクチン接種率90%を掲げた政府の後押しに私も今日1回目のワクチン接種に行ってきます!

 

あなたが初めのいいね!を押してみませんか?

,

ニュージーランド・ロックダウン最新情報DAY35

オークランドは22日(水)から2週間の間レベル3へ緩和されます。

サジタリアスは通常通り営業しており、ご注文商品の発送は商品が揃い次第に行っています。しかしながらロックダウンの影響で爆発的に増加した宅配荷物の処理が滞り、集配に数日以上の遅延が生じています。ご利用のお客様には多大なご不便とご迷惑をおかけします事を深くお詫びいたします。

1ヶ月以上続いたレベル4のロックダウンが3へ軽減され、マスク着用が必須ですが学校や職場も再開、レベルが低いオークランド外へは過去72時間以内の陰性証明を見せるだけで市外へ出て行けるようになります。

自作の偽移動許可書で検問申告した若者や口頭での移動理由が拒否されたことに怒って猛スピードでの強行突破カーチェイスをした女性ペア、市境界線近くの牧場横断で脱出しようとして地主さんに見つかり捕まったグループ、こっそり脱出成功したものの買ってきたマクドナルドの袋を車のダッシュボードに並べ「戦利品!久しぶりのハンバーガー」とSNSで自慢して検挙されてしまった若い男性など都市封鎖オークランドからの脱出劇ニュースも終わりを告げるようです。

ニュージーランド政府はコロナと共存するためにワクチン接種率90%を目指しています。各地に予約不要の無料接種会場を設営したり、交通の不便な地区へは移動ワクチン接種バスで巡回したりと50%程だった接種率は1ヶ月で75%近くにまで上がってきました。この調子で90%の接種率を達成し、新規感染者数を抑え、戻る事なくレベル2へと緩和される日を心待ちにしています。

 

あなたが初めのいいね!を押してみませんか?

,

ニュージーランド・ロックダウン最新情報DAY28

オークランドのロックダウンは9月21日(火)まで延長となりました

サジタリアスは通常通り営業しており、ご注文商品の発送は商品が揃い次第に行っています。しかしながらロックダウンの状況で通常の数倍に増えた宅配荷物の処理が滞り、集配に数日以上の遅延が生じています。ご利用のお客様には多大なご不便とご迷惑をおかけします事を深くお詫びいたします。

先週の新規感染者数は10人台と低くなりロックダウン軽減への期待が高まっていましたが、週末にリバウンドで30名を超えたこと、感染経路不明の新規感染者が病院から出たこともありレベル軽減は1週間伸びてしまいました。感染者のほとんどがオークランド西部と南部の7地域に集中していることから、この地区に住む人には予約なしのワクチン接種や風邪の症状がなくてもPCR検査をすることが奨励されています。ロックダウン前は50%ほどだったワクチン接種率も1ヶ月弱で65%を超えデルタ株を何とか抑え込もうという官民一体の気概を感じられます。

お籠り生活も1ヶ月を過ぎるとルール違反をする人が増え、浅はかな考えを持ったカップルが休暇を過ごすために仕事で入手した都市封鎖中のオークランドからの移動許可証を使い車で脱出、他の市から飛行機を乗り継ぎ南島の別荘でバカンスを楽しんでいました。二人がロックダウン中のオークランドから来た事に気づいた住民に通報され、裁判所に出廷する事になりました。有罪なら$4000/約32万円の罰金または6ヶ月の刑が科せられるそうですが、男性の母親は地裁の判事、女性は弁護士だとのこと。あまりにも自分勝手な行動に家族や友人も同情してくれないようです。

 

あなたが初めのいいね!を押してみませんか?

,

ニュージーランド・ロックダウン最新情報DAY24

オークランドは9月14日(火)までロックダウンとなります

サジタリアスは通常通り営業しており、ご注文商品の発送は商品が揃い次第に行っています。しかしながらロックダウンの状況で通常の数倍に増えた宅配荷物の処理が滞り、集配に数日以上の遅延が生じています。ご利用のお客様には多大なご不便とご迷惑をおかけします事を深くお詫びいたします。

ロックダウン24日目の新規感染者数は11名と毎日少しずつですが、減少してきました。入院患者数も27名(集中治療室は4名のみ)とかなり少なくなっています。来週火曜日に発表されるオークランドのロックダウン軽減への期待も高まり、SNSで持ち帰り弁当の販売告知する飲食店が出始めました。休業期間の損失を少しでも改善しようとしているお店のためにも是非レベル3に下がってほしいです。

今週からレベ2に軽減され通常の営業活動ができるようになったオークランド以外の都市ですが、どこも閑散としているそうです。海外からの客の次に多い最大都市オークランドからの観光客が、都市封鎖で足止めされ商売にならないとのこと。1日でも早く美味しい外食や楽しい旅行ができる日を待ちわびています。

 

あなたが初めのいいね!を押してみませんか?

,

ニュージーランド・ロックダウン最新情報DAY22

オークランドは9月14日(火)までロックダウンとなります

サジタリアスは通常通り営業しており、ご注文商品の発送は商品が揃い次第に行っています。しかしながらロックダウンの状況で通常の数倍に増えた宅配荷物の処理が滞り、集配に数日以上の遅延が生じています。ご利用のお客様には多大なご不便とご迷惑をおかけします事を深くお詫びいたします。

ロックダウン22日目の新規感染者数は15名とかなり少なくなりました。ワクチン接種率も60%を超えデルタ株の封じ込め作戦に明かりが見えてきた感じです。感染ルートもほとんど把握できているとのことなのでオークランドのロックダウン軽減への期待が高まっています。

ほとんどの店が営業再開できるレベル2になったら何がしたいかという今朝のアンケート

第1位「ヘアーカット」

第2位「カフェに行く」

第3位「ジムで運動」

第4位「パブでお酒を飲む」

ニュージーランド人の気質を表している結果だなと思いました。

お籠り生活3週間を過ぎて私の髪もずいぶん伸び第1位の気持ちがよくわかります。レベル2までどれだけ伸びるかイメージチェンジのチャンスかもしれません。

あなたが初めのいいね!を押してみませんか?

,

ニュージーランド・ロックダウン最新情報DAY21

オークランドは9月14日(火)までロックダウンとなります

サジタリアスは通常通り営業しており、ご注文商品の発送は商品が揃い次第に行っています。しかしながらロックダウンの状況で通常の数倍に増えた宅配荷物の処理が滞り、集配に数日以上の遅延が生じています。ご利用のお客様には多大なご不便とご迷惑をおかけします事を深くお詫びいたします。

ロックダウン20日目の9月6日の発表では週末を含む3日連続で陽性者数が20名/日と感染拡大が収まりつつあるようです。オークランド以外の地方での陽性者が出ていないこと、下水のモニタリングでもウィルスが感知されていないことからオークランド以外は明日9月8日水曜日からレベル2+に軽減されると発表です。

明日から始まるレベル2+ルールは屋内50名、屋外100名までの集会&飲食の許可、屋内では必ずマスク着用、外出先では必ずQRコードまたは連絡先記入という以前のレベル2より少し制限が増えています。

この調子で陽性者数が少なくなり、感染ルートが把握できたらオークランドも来週水曜日にレベル3へと軽減される期待が大きいです。今回のデルタ株に対しても何とかうまく切り抜けていって欲しいです。現在59%のワクチン接種率が80%まで増えればコロナと共存していく体制に変わるのかもしれません。

ニュージーランド最大の都市オークランド市中心街は去年からのロックダウンと数年前から始まった地下鉄工事の影響で近辺の飲食業の多くは経営が悪化し、数十年続いた老舗レストラン廃業のニュースもよく聞きます。賃貸業数社が家賃80%引などと割引で応援しているようですが、大きなフードコート内のお店は売り上げ0で辞めたくても契約期間中の家賃を全額払わなくてはならず、引き継いでくれるなら無料で売りますとの広告が出ていました。中心街のアパート住人の顔ぶれも学生や労働ビザで働く人達から公的支援を受けている低所得者に変わり、酒やドラッグに関わる事件が増え治安が悪化しつつあります。コロナ収束後はどのように変わっているのでしょうか

あなたが初めのいいね!を押してみませんか?

,

ニュージーランド・ロックダウン最新情報DAY20

オークランドは9月14日(火)までロックダウンとなります

サジタリアスは通常通り営業しており、ご注文商品の発送は商品が揃い次第に行っています。しかしながらロックダウンにて取引先各社出勤できる人員は大きく減らされ出荷作業に時間がかかり、配送会社は増大する荷物により数日の到着遅れが生じています。ご利用のお客様には多大なご不便とご迷惑をおかけします事を深くお詫びいたします。

日本でも大きく報道された9月3日金曜日午後に起こった西オークランドのスーパーマーケットでのテロ事件。数分で6人に負傷を負わせた犯人、警官が現場に急行したのは通報から4分後だとのことなので要注意人物として犯人を尾行していた私服警官が発砲しなかったら、犠牲者はもっと増えていたでしょう。ロックダウンの影響で1家族から一人しか買い物ができない制限があったおかげでより多くの人や小さな子供に被害がなかったことに安心しています。コロナに加えたテロ騒ぎで買い物の頻度がより減っておこもり生活に拍車がかかりそうです。

9月4日と5日の陽性者数は20人ずつと感染が少し収まってきた感じです。感染者数の減少に伴いオークランド以外の地域のレベルが下がる期待が出ており、オークランドも来週水曜日には軽減されることを切に望んでいます。

オークランド市内はスーパー、食品店と薬局、ガソリンスタンド以外どこも開いていないので閑散としています。ロックダウンが20日近く続く中、感染者数は人流の減少が多大な影響を与えていることを実感しています。人々が心配なく自宅待機ができるのもロックダウン開始直後に営業禁止の2週間に対する週20時間以上働くフルタイム従業員に約¥45000、パートタイム従業員には約¥32000の補助を政府が支給してくれたおかげです。申請した翌日には従業員毎2週間分の補助金が振り込まれ、雇用を守れたことに安堵している個人経営者の声を聞くと国民に寄り添ってくるニュージーランドという国をもっと好きになりました。

テロ事件もあり、買い物自粛で更に配達の荷物が増加しているとの事です。各配送会社も頑張ってくれていますが、この影響で入荷及び発送に大きな遅れが出ていますことを何卒ご理解いただけますようお願いいたします。

あなたが初めのいいね!を押してみませんか?