<馬着講座1>正しいサイズを計ってみよう!

3ステップで分かる!失敗しない馬着の測り方

日本の馬たちも最近は気候の変動にあわせ冬だけではなく薄手や虫除けなどの馬着を着ることが多くなってきました。
でも、体にフィットしていない馬着で傷がついたり部分的に毛がハゲたりしている可哀想な馬を見ることも多いです。
せっかく気温の変動や日差し、虫から護る馬着を着せても体にあわず傷をつけてはせっかくの効果も台無しです。

サジタリアスは馬たちがジャストフィットの馬着を着ることでハッピーになってほしいと考え、馬着サイズの測り方やサイズ選びと着せ方についての情報をまとめてみました、愛馬との快適な乗馬ライフのご参考になさってください。

馬着やホースラグと呼ばれる馬の服サイズの呼び方はアメリカ式やイギリス式などいろいろで、どうやって選べば良いか迷いますよね。
今日はサイズ選びで失敗しない馬着の測り方をお知らせします。

1.正しいサイズを測るには巻尺(紐やロープでも代用可)を使い、一人ではなく二人で計測することがオススメです。

2.馬を寄り掛からせないように正しく立たせ、一人が馬の胸の中央にメジャーをあててください。もう片方の端を持ったもう一人が馬の肩から胴に沿ってお尻(尾の付け根-馬着の端)まで測ってください(この時筋肉がせり出した部分に沿うよう測ることがポイント)

3.測ったサイズを馬着/ラグサイズの裾部分の長さと比較して該当サイズを割り出します
(計測したサイズが2サイズの中間になる場合はWeatherbeetaの肩ガセット付きなら小さめサイズ、Saxon、horze、Zilcoの場合は大きめサイズをお選びください)

詳しくはこちらの動画をご参考ください

また、一番体に合っているラグを持っている場合はそのラグの裾部分の長さを図って一番近いサイズを選ぶと間違いが少ないです。
正しいサイズを計測したら、サイズ表から該当サイズを見つけましょう。

あなたの馬にあう馬着サイズの見つけ方は<馬着講座2>でチェック

サジタリアスなら小さなサイズから大きなサイズまで、幅広いサイズとバラエティーの中から愛馬にぴったりの馬着が見つかります。

ジャストフィットの馬着が見つかったらスマートに着せてあげることも大事です、カッコイイ着せ方は<馬着講座3>でバッチリ

あなたが初めのいいね!を押してみませんか?

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)